不妊と骨盤の角度と子宮の位置

鍼灸,不妊,体質改善,不妊治療,千葉,稲毛,美浜区,稲毛区,整体,体外受精,人工授精,高齢出産,したい,妊娠,

不妊と骨盤の角度と子宮の位置

 

妊活巡りアドバイザーの渡邊隆之です。
今日は、骨盤の角度と子宮の位置についてお話します。

子宮卵巣は、内臓の中で限りなく心臓から遠い位置にあります。
特に立位(立っている状態)ですと、骨盤という入れ物の
底に位置する事になります。

子宮は骨盤という箱の中で、左右前後と靭帯でつり上げられているような状態です。

骨盤がしっかりと立っている状態であれば、
子宮や卵巣の位置も正しい所にあります。
ですが、骨盤がずれたり、傾くと。。。

我々の身体は、頭や背骨、骨盤など、
正しい位置にあったときに、初めて効率的に機能が作用します。
自律神経の動きなどは正にそうですね。

子宮、卵巣も同じで、骨盤が少し前傾するくらい立っている状態がベスト!
10~14度くらいがベストと言われています。

例えば、自宅のソファーで猫背になって骨盤を常に後傾にする習慣があると、
当然骨盤は傾いてきます。

本来、ニュートラルで歪んでも自分で回復するものですが、
回復できないくらい常に骨盤を傾けていると、それが普通の状態になります。

当然、その中の子宮卵巣位置も変わってきますので、
妊娠に影響が出てくる可能性があります。

もちろん、それだけが原因というわけではないので、
骨盤が歪んだり、後傾だから妊娠できないということでは、ありません。

それ以外の、生活習慣やクセ、ストレスなども多く関係してくるので、
原因となるものは皆さん違いますので、これだけで判断はできません。

詳しくは、お気軽に、お問い合わせボタンからしてみてください。

「原因がどこにあるのか」ある程度特定せずに、不妊治療だけを進めても、
なかなか難しいこともありますし、そのとき、ひとつの命もあります。

今では、不妊クリニックでも
体質を変えるために、鍼灸を進めるドクターもいらっしゃいますので、
ぜひとも。

参考画像:メジカルビュー社 集中講義解剖学

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)