妊娠力(産む力・育てる力)を育てる方法

不妊,鍼灸,稲毛,千葉,体質,改善,整体,不妊治療,子宮,卵巣,妊娠

不妊,鍼灸,稲毛,千葉,体質,改善,整体,不妊治療,子宮,卵巣,妊娠

妊娠力(産む力・育てる力)を育てる方法

 

あなたの、妊活は順調に進んでいますか?

「妊娠したいけど、なかなか出来ずに焦りを感じている」

「治療をしているのに、なかなか授かれない」

「サプリも漢方も、色々試したけど、結果が出ない」

など、色々な状況の方がいらっしゃると思います。

先に大前提として、クリニックの不妊治療は必要で、
統合医療として、鍼灸整体を併用して、
苦手な所を補完して、目標を達成すればいいと思います。

その中で、改めて確認しておきますが、

「一般的な不妊症の改善方法だけを実行しても授かれない人は、少なくない」

です。

一般的な不妊症改善方法とは、

・不妊症の専門クリニックに通院する

・排卵をうながす薬を飲む。
・ホルモン注射を打つなど

○医師の指示通りにタイミング療法を行なう

○最終的に体外受精を行なう

たしかに排卵誘発剤で排卵することはできますし、

精子と卵子を取り出して受精させることもできます。

体外受精、顕微授精で、受精卵を作流ことも出来ます。

でも、受精卵ができない方もいらっしゃいますし、

受精卵ができても、着床できない方もいらっしゃいます。

不妊クリニックに通い続けても、

なかなか妊娠できずに悩んでいる方が

たくさんいらっしゃいます。

なぜでしょうか?

それは、治療を受ける体に

「産む力」『育てる力」が足りてないからです。

「産む力」『育てる力」とは

・受精し着床する「妊娠力」

・胎児が順調に育つ「妊娠維持力」

のことです。

この「産む力」『育てる力」のポイントを知らず、

なかなか妊娠ができずに苦しんでいる方が

多いのが実情です。

この「産む力」『育てる力」をつけるために

アプローチできるのが、東洋医学です。

西洋医学では、特定の症状に

アプローチして治療をしていきますが、

東洋医学では、体全体を整えて、

体が本来もっている自然治癒力を

高めることを目的としています。

東洋医学で「産む力」「育てる力」にアプローチ
していく場合は、スリーステップステップで
進めていきます。

【STEP1】

○血の巡りを良くして、

生殖器官にエネルギーを与える

血液は、子宮や卵巣などの生殖器官を
含めたすべての臓器に
必要な栄養素、酸素やホルモンを運びます。

また月経で、不要な老廃物や二酸化炭素を排出します。

ツボを押したり、マッサージや指圧で
血の巡りをよくして、
生殖器官に栄養を届けます。

【STEP2】

○ホルモンバランスを整える

血流のめぐりが良くなって
体全体が活性化すると、
ホルモンバランスが整い、
体に本来備わっている妊娠機能が整います。
冷え症状も少しずつ改善していきます。

【ステップ3】

○心身を整える

血の巡りがよくなり、
ホルモンのバランスが整うと、
心も整って安定するようになります。

すると、体調も整って健康になります。

心と体はつながっていますので、
心身ともに、妊娠する環境が
整うようになります。

ストレスが常にある環境では、
妊娠体質にはなかなかなりにくいです

この「産む力」『育てる力」をつけるための
アプローチを

・マッサージ・指圧

・鍼灸

・運動

・ストレッチ

・呼吸法

などがあります。

この中で自分で実践できる方法を

美浜鍼整道の無料個別相談会&特割施術体験会で
わかりやすくお伝えしています。

3月末日までの期間限定ですので

本気で妊娠したい35歳以上の妊娠したい方、
当院では、月経期や体温の変化、移植、着床期などに合わせて
鍼灸整体治療を使い分け、より妊娠しやすい身体に体質を改善させる事を得意としております。
あなたのご連絡をお待ちしております。
美浜鍼整道

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)